BEAUTY COMPLEX COLUMN

vol.

2

美の定義

2020/11/17

written by TOMO IKEZAWA

時代によって「美しさ」の定義はことなる。

1980年代は、マリリン・モンローに代表される様に、ふくよかな女性が美しいとされ、1990年代に入ると、モデルはこぞってかなりタイトなカラダ、つまり細くすらっとしたカラダを求める様になった。それは、世の中の美の定義がそうだったからだ。

2000年になるにつれ、メリハリのある健康的なカラダに移り変わり、現代の美の定義は「しなやかでかつアクティブなカラダ」と言われている。女性らしさに、人間としての機能と質がプラスされた。
その背景は、男女差別が問題視される世の中になったことが挙げられる。見た目が引き締まっているということではなく動きがしなやかで、そしてアクティブな感覚を表現できるカラダは、現代社会の女性の在り方を物語っている様に思う。

女性としての主張すべきしなやかさと、この社会で男性と対等でいるためのパワーを持ち合わせること。それが「しなやかでかつアクティブなカラダ」と表現するとわかりやすい。

「しなやかでアクティブなカラダ」

それでは、「しなやかでアクティブなカラダ」はどの様にして、手に入れるのだろう?
一言で言うと、「動きの中でカラダづくりをすること」である。

例えば、ウエイト・トレーニングでは筋肉は作れても、動ける筋肉を作れるわけではない。
動けるカラダは動きを作り出している筋肉を教育する事。
つまり自分の意志によって、筋肉をコントロールして動かすことが必要とされる。

例えば「足を高く上げて走る」「カラダが左右にぶれずに走る」そんな課題に対してどの筋肉を使うことでそれが可能になるのか?を理解し、実際に筋肉と意思疎通をするトレーニングを実施する。これを『スピード・トレーニング』という。

『スピード・トレーニング』は動けるカラダを作るということだが、動けるカラダには大きな、大きな副産物がある。
それはフォルム(見た目)がしなやかに見えるということ。
しなやかさは、カラダを対角線や上下にグーンと引き延ばして見せることが可能である。これによってお尻の位置が高く、脚が長く、姿勢が美しくなり、動きにキレが出る。
「どうしたの? 雰囲気が違うけど」そう言われることは間違いないだろう。

カラダづくりは「オーラ」をもたらす

カラダづくりは雰囲気を変化させ、その人に「オーラ」をもたらす。トレーニングはその人のオーラを引き出すことともいえる。

トレーニングに取り組む女性が近年非常に増えてきた。

筋肉をつけるのだけはなく、筋肉をコントロールする能力を鍛え、「オーラ」を手に入れることは、ワンランク上の自分になれる第一歩なのかもしれない。

  • Facebook - TOTAL FOODS
  • Instagram - TOTAL FOODS

© 2018- 2020 TOTAL Workout / Beauty Complex by Tomo Ikezawa.